那須高原の山の中腹あたり」静かな森の中に、ひっそりと佇む六郎窯陶房。
木々をわたる風や、あたたかい木漏れ日、野鳥のさえずりも心地よい。

那須という土地柄、四季折々の情景を楽しむことができる。
春は花が咲き、夏は蝉の声と鮮やかな木々の緑、秋は紅葉、そして冬にはしんしんと雪が降り積もる。
「雪見酒できる人は最高ですよ。」(渡辺六郎)



 

 

 

 

小さなギャラリーでは初期から現在までの作品を
見ることができる。花器や飾り皿なども常設展示している。

 

 

 

 

 

 

 

作業所風景